AED

AED

AEDの講習や使いかた、メーカや価格などについてまとめました。

スポンサード リンク

AED 価格

AEDの一般的な販売価格は15万円から25万円になります。

身体の小さい小児用ですと価格はもっと低くなります。飛行機や

船での使用を念頭においてバッテリーの耐久時間を長くした高機能

の製品は高額になります。一般的な施設や家庭に置くのか、医療機関

に置くのか、誰に使うのかといった使用目的によって必要なAEDは

変わってきます。もちろん価格も変わってきますので、用途を明確に

して、製品を選びましょう。

AED 使い方

AEDの使いかたは以外と簡単です。AEDの電源を入れ、電極の

埋め込まれたパッドを胸に貼ります。パッドを貼る位置はパッドに

画で示されています。電気ショックが必要かどうかはAEDが判断

します。必要であればAEDから必要な指示が音声で流れ出るので、

それに従って、ショックボタンを押します。何回電気ショックを行っ

たかを別に記録しておき、救急隊員や医師に伝えます。

AED レンタル

AEDを購入するには数十万かかります。バッテリーやパッドの交換

など、メンテナンスも必要になってきますので、月々数千円の出費

でメンテナンスも含まれたレンタルを使用するのも賢い選択です。

セコム、フクダ電子、アルソック、旭化成グループ・アドミス、

日建リース工業、REXAED、などなど、多くの企業がレンタル・リースの

プランを展開しています。問い合わせフォームなどを利用して

目的にぴったりのレンタルプランを探しましょう。

フィリップス AED

AEDのメーカーというと、日本光電、フクダ電子、フィリップス、

日本メドトロニックなどがメジャーでしょうか。フィリップスは

オランダ発祥のヘルスケア用品のメーカーで、ヨーロッパ、アメリカ、

そしてアジアにて販売を展開しています。フィリップスのAEDは

使いやすく、メンテナンスが簡単で、市場で高い信頼を得ています。

レンタルもありますので、購入前にレンタルで試してみるのも良いですね。

aed講習

AEDの講習は、防災センターや各消防署、日本災害救護推進協議会

などが行っています。AEDの使用に際しては特に講習を受けなくても

構わないのですが、生死のかかっている人に対する処置ですので、

やっぱり正しい知識と技術を身に着けたいですよね。ネットでAED

講習の動画も沢山配信されていますから、そういった情報も活用して

きちんとした講習を受けていざという時に対応できるようにしたい

ですね。

AED トップへ戻る